安心で最適なバリアフリー活用法

どんな人にもやさしい環境で、身体も心もストレスフリーのライフスタイル

バリアフリーの考え方

皆さんは、バリアフリーと聞くと「高齢者や身体障がい者の方が、対象の話でしょ?」と思われるかもしれません。
言葉の意味を考えるとバリア(壁)をフリー(解消)にする、と訳することができます。
言葉そのものの意味を考えると、何も特別な状態にある方のみをさしているわけではないことが解っていただけると思います。
壁とは何を指して、どのようなものが解消されると生活しやすくのなるのでしょうか?

一番分かりやすい例は住環境かと思います。
例えば、玄関先の段差。
高齢化社会となり車いすの方も増加しており、自宅で最後まで自分らしく暮らしたいと考える方も多くなっています。
そのような方が、気軽に外出できる、また、介助しやすいよう玄関先の段差解消などの住宅改修等行うのですが、車いすの方だけが、この段差解消を有効活用するのでしょうか。
段差解消には、バギー(乳母車)の操作性も上がりますし、買い物カートを利用されている方も、便利だと感じるでしょう。

このように、何も身体に何らかの障がい等を負ってから考えることではなく、どの世代にも共通して安心・ストレスフリーで過ごせる環境づくりを考えることがバリアフリーの基本的考え方です。
そう考えると、小さなお子様の子育て世代の抱える悩みも、身体が少し不自由になった高齢者も、実は同じバリアフリー構想で、お互いが便利に仲良く暮らせる空間が出来上がるかもしれません。

今回は、様々なバリアフリーの視点を紹介して、長期的視野で一番経済効率のよい環境づくりを考えたいと思います。

TOPへ戻る