どんな人にもやさしい環境で、身体も心もストレスフリーのライフスタイル

長期的視野で考える優しい環境

住環境のでこぼこ解消は、誰の為?

最近、高齢者介護の世界では、多少不便で段差等があった方が、リハビリの為にもよいのでは?という考えの方もいらっしゃいます。
しかし、本当に車いす生活になったり、小さな段差でいつも転んでしまうようになるのであれば、やはりそれは生活のしづらさ、いわゆる壁(バリア)になってしまうのではないでしょうか。
そのような状況になり、初めて住宅改修や住み替え等のことを考える方も、多数いらっしゃるでしょうが、その段差解消は身体の不自由な高齢者の為だけなのでしょうか?

もちろん、その身体的問題を抱えた方の生活は改善されますが、それ以外の方にも優しい空間になると思います。
歩き始めた幼児も、躓かず歩けるようになりますし、車輪の付いたおもちゃもどこまでもスムーズに動かすことができて、子供はとっても嬉しいでしょう。
また、ワゴン等の操作も容易になる為、重いものや一度に大量の物品を移動させることも簡単になります。

家族全体で考える優しい環境

段差解消一つから見えてきた、様々な場面でのバリアフリー活用の有用性ですが、これを住宅環境全体で考えてみるとどうでしょう?

スロープや手すりの設置についても、バギーの出し入れのし易さや自身が骨折などの怪我をした場合には非常に有効に利用できると思います。
小さなお子様の転落防止柵等考えるのであれば、将来的に両親の面倒も見なくてはいけない方などは、認知症になった場合のことも同時に考えると少し大きめな柵等も考えると、都度の出費は抑えられるのではないでしょうか。

このように考えると、目に見えるバリアフリーは利用を想定した本人の為だけではなく、その周囲の人の生活も便利にしてくれる場合が多いのです。
もし今後、自分で住宅環境を整えるようなことがある方は、初期費用だけに着目せずに、ライフスタイル全体を通して住環境の構想を考えた方が、トータル的にも安価で快適な空間を手に入れることができるのではないでしょうか。

TOPへ戻る